恋人探し
So-net無料ブログ作成

KARAの「望まない仕事」とは? [KARA]

尻ふりダンスの「ミスター」の大ブレークで日本でも人気の韓国5人組ガールズグループ、KARAが解散の危機だ。韓国メディアは、メンバー3人が「事務所の地位を利用し望まない仕事を強要された。関係を維持するのは無理」などと主張し、所属事務所に専属契約の解除を申し出ている。「望まない仕事」とはいったい何なのか?

契約解除を通告した法律事務所の代理人は、(1)地位を悪用した不要な芸能活動を強要し人格を冒とくした(2)説明なしに不正契約を結んだと主張。「メンバーは精神的苦痛を受け、事務所との信頼は回復できない。DSPはすぐにマネジメントを中断せよ」などと通告している。
背景には独特の芸能界事情がある。韓国在住ジャーナリストが明かす。
「アイドルの育成方法が日本とは根本的に異なる。小・中学生のうちにスタイルのいい子をスカウトし、事務所付属のスタジオでダンスを特訓。音楽産業の市場は日本の半分以下であるため、並行して英語や中国語、日本語を習得させる。これらの費用はすべてタダ。その代わり、売れてからごっそり回収。5~8年はOL以下の薄給というケースも少なくない」さらに、KARAの場合は、売り出し方をめぐるトラブルもあったようだ。
「4人組で2007年にデビュー当時は、人気が先行していたワンダーガールズを意識して“セクシー路線”を取った。しかし、人気が出ないまま1人が脱退。ギュリ、スンヨン、ニコルが残り、オーディションでハラとジヨンが加わり現在の5人組に。ぶりっこの“カワイイ系”にガラリと路線を変更した。薄給の上に、戦略がころころと変わることへの不満もあったのでは」華やかなダンスの裏に“女工哀史”があった。

タグ:KARA

共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。